猟師の予備校!

里山で、猟師として生きるを発信するメディア。地域おこし協力隊、里山、猟師、ジビエ料理、農業、自給自足について書いていきます。

シカやイノシシってどこにいるの?…そこら中にいるよ!!な記事。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:synonym_s:20180124230434p:plain

近年大きな問題となっている鹿や猪の鳥獣被害。

ニュースや新聞で、

  • 住宅街にシカがでた!!
  • イノシシによる畑荒らしの被害が甚大!!

このような記事をあなたも見たのではないでしょうか。

しかし同時に思うはず。

んー、でもさ、シカとかイノシシってどこにおるん?

その答えは…

そこらじゅうにおるわい!!!!!!

この記事では、

  1. シカやイノシシの行動範囲拡大
  2. 獣道やフンを見つけたら、よりリアルに。
  3. 見ようとすれば、見えてくるものがある

以上3つをお届けします!

1. シカやイノシシの行動範囲拡大

シカやイノシシの行動範囲が、広がっています。

  • 人間のつくった作物は栄養があり、美味しいから
  • 耕作放棄地など、手付かずの住みよい場所が増えたから
  • 山の環境が変わり、食べ物がなくなったから
  • 増えすぎたから

f:id:synonym_s:20180124214903p:plain

f:id:synonym_s:20180124214906p:plain

参考:14 野生鳥獣による生態系への影響が懸念される地域(ニホンジカ及びイノシシ) | 生物多様性 -Biodiversity-

イノシシは昔から多くの地域で確認されていましたが、シカの範囲拡大が著しいですね。

ニホンオオカミの絶滅や狩猟者の減少も、シカ・イノシシの増加に拍車をかけていると言われています。

あなたの住んでいる街や地域の地図はいかがですか?
日本の3分の2は森林です。さらに耕作地やちょっとした郊外を加えると、彼らの住む場所なんてそこらじゅうにあるわけです。

2. 獣道やフンを見つけたら、よりリアルに。

身近にシカ・イノシシがいることはわかった。
でももう少しリアルに感じたいかも。

そんな時は獣道やフンを探してみませんか?

僕が住んでいる福岡の町には、大きな国道3号線が通っているんですが、イノシシはそこから車で1分のところにいます。

獣道を見つけるには少しの経験が必要ですが、慣れてくればすぐに見つけることができるますよ。

入門書はこちらが適切です。

山に住む様々な生き物のフンや足跡、獣道の特徴が丁寧に書かれています。
あなたが山や、鳥獣に少しでも興味があるなら、手元に置いて損はない一冊ですよ。

3. 見ようとすれば、見えてくるものがある

獣道を見つけたとき、僕は想像します。

あぁ、どのようにしてこの道を通ったんだろう。
親子だろうか、オスだろうか、メスだろうか。

ここであなたに質問です。

今日あなたが目にした、青色のものを教えてください。

青色…どんなだったっけな?

きっとこのように思うでしょう。

明日の朝から、青色のものを探しつつ、生活したらどうでしょうか。
きっとスラスラとたくさんの「青色」なるものが出てくるはず。

見ようとすれば、見えてくるものがある。

そんな感じで!
それではまた!