猟師の予備校!

里山で、猟師として生きるを発信するメディア。地域おこし協力隊、里山、猟師、ジビエ料理、農業、自給自足について書いていきます。

【GitHub Gist】tab・タブ幅が自動インデントで<8>になるのを変更する方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:synonym_s:20170613023253p:plain

あれ、インデント系のプルダウン知らないうちに操作したかな…?
と思い再度編集するも任意の幅が反映されず。

ブログやウェブサイトにソースコードを貼り付ける際GitHubを使うんですが、なぜかHTMLのインデントが自動的に<8>になるんですよ。

あなたもこの問題にハマって、このブログを訪れたのではないでしょうか。

大丈夫です。
ググってもなかなか解決策が出てこなくて困ってたんですが、なんとかしました。
これでソースコードの貼り付けもバッチリです。

それではさくさくと、手順を紹介していきますね。
後半では原因の究明にもあたっています。

GitHubのインデントを思いのままに!いざ解決!

さぁ、イライラしていた自動インデントとはもうおさらばです。

  1. GitHubGistでソースコードを全選択する→[command + a]
  2. 【indent mode】を<spaces>にする
  3. 【indent size】を任意<2 or 4 or ...8?>に選択する
  4. [shift + tab]でインデントを左に1回ずらす
  5. 再度[command + a]でソースコードを全選択
  6. [tab]でインデントを右に1回ずらす
  7. 先頭と後ろの右にずれた要素を[delete or backspace]で整える
  8. Update

完了!
です、お疲れさまでした。
updateしても綺麗なインデントを保ったまま、表示されているのではないでしょうか。

原因はなんだったのか

無駄なところでハマった、GitHubGistの自動インデント機能。
原因はなんだったんだろう。

以下のキャプチャは、ソースコードを<tabs>幅2で書いたときに全選択したもの。
きちんとインデントされているのが確認できます。

f:id:synonym_s:20170613013904p:plain

そして、アップデートしたのが以下のキャプチャ。
な、、なぜかインデント幅が伸びてる。

これはGitHubソース管理者の趣味なのでしょうか。

f:id:synonym_s:20170613013854p:plain

で。
ソースコードを全選択し、<spaces>選択後に[shift + tab]で左にずらすと以下のようになります。

た、tabインデントが、、消えてる?

f:id:synonym_s:20170613013909p:plain

再度ソースコードを全選択し、[tab]押下後もこのようになっています。

f:id:synonym_s:20170613015038p:plain

あとは綺麗に整理するだけで脱自動インデントの完了なのですが。

・原因

→アップデート時に変態ソース管理者のせいでインデント8に強制収容される

・解決

<spaces>モードのときにコマンドで<tab>を押下されると、変態ソース管理者は対応できない。彼(or彼女)を亀甲縛りに仕上げることができた。

f:id:synonym_s:20170613015809j:plain

引用:亀甲縛りなキューピー|ギズモード・ジャパン

こんな感じでしょうか。

はい。
小一時間振り回されましたが、なんとかなりました。
あなたの解決になったのなら、なりよりです。

参考サイト
GitHub Gist にコードをコピーした際のインデントを調整する方法|へっぽこプログラマー クッツンの備忘録

クッツン、助かりました。。

それではまた!